米津玄師「Lemon」で聞こえるウェッの意味は?ハイヒールの謎, PV逆再生説も徹底まとめ解説!

レモン

大人気シンガーソングライターの米津玄師(よねづけんし)さん。

米津さんの代表曲である「Lemon(レモン)」に、「ウェッ」という不思議な音が曲中で聞こえるのをご存知でしょうか。

「『ウェッ』というあの音の正体は一体なんだ!?」」と、ファンの間で話題となっています。

その不思議な音「ウェ(ウェッ)」の正体は一体なにで、そしてどのような意味があるのでしょうか。

「Lemon」のPVで米津さんが履いているハイヒールの意味女性ダンサーの謎、さらに「Lemon」PV逆再生説の真偽についても徹底解説します。

【オススメ記事】

米津玄師「Lemon」PVはこちら

まずは、その話題の米津玄師さん「Lemon」のPVを紹介します。

不思議な音「ウェッ」がどこに入っているのか、さらに不思議な世界観の映像にもぜひ注目してくださいね。

こちらが、今話題の曲「Lemon」とそのPVです。

曲中のAメロ・Bメロあたりに、「ウェッ」という音がかすかに入っているのが分かるでしょうか。

このPVのテーマは “レクイエム(鎮魂歌)” ということで、『死者に祈りを捧げる=教会』が舞台になっているようです。

米津玄師8thシングル「Lemon」は、こちらから購入できます。

Lemon(映像盤 初回限定)(DVD付き)

Lemon(映像盤 初回限定)(DVD付き)

米津玄師
1,556円(06/20 15:47時点)
Amazonの情報を掲載しています
Lemon(レモン盤 初回限定)(レターセット)

Lemon(レモン盤 初回限定)(レターセット)

米津玄師
2,259円(06/20 15:57時点)
Amazonの情報を掲載しています
Lemon

Lemon

米津玄師
936円(06/20 15:47時点)
Amazonの情報を掲載しています

「ウェッ」は人の声だった!?

その「ウェッ」という不思議な音ですが、実は人の声のサンプリングなんだそう。

「Lemon」は、以前放送のドラマ『アンナチュラル』の主題歌として書き下ろされた曲です。

米津玄師さんが『アンナチュラル 』の脚本家である野木亜紀子(のぎあきこ)さんとラジオ対談を行った際、米津さん自ら「あれは人の声のサンプリングです」と告白していました。

野木亜紀子さんも、ラジオ対談後にこのようにツイートしています。

脚本家の方まで「ウェッ」について質問したということは、ファンを含め気になっている方は多かったのでしょう。

それにしても、何かの楽器や機械音などではなく、人の声だったというのには驚きですよね。

米津玄師が「ウェッ」について語るラジオ対談まとめ

ラジオを視聴していない方に、野木亜紀子さんと米津玄師さんのラジオ対談動画を紹介します。

その中で、米津さんが不思議な音「ウェ(ウェッ、ウェイ)」について語った内容を一部抜粋してまとめました。

野木:そう言えば、あの…「Lemon」で “フェ” みたいな音が、間に入る…あれなんの音なんですか?なんの楽器ですか?

米津:あれは…あれは人の声ですね。

野木:声なんですね!

米津:で、その人の声をサンプリングして、でまぁ(曲に)乗っけて…そうですね…今、あのYouTubeのコメント欄とか、Twitterとか見たら「なんの音?」みたいな。
レコーディング中に、その…アヒル握ってんじゃねえかな…とかやってんじゃねぇかなとか言われてて(笑)
まぁ確かに、困惑するやろうなとは思ってはいたんですけど、でもその自分も、ポップソング作ってきた人間なんで、これは多分みんな困惑するやろうなぁとは思っていたんですけど…でもなんかもう、「鳴ってるからしょうがない」っていう感じがあって…

野木:もう頭の中に、その音が必要だったっていう…

米津:はい。なんかもう…これはホントに自分の中で重要な音であって、あるのとないのとでは全然こう…意味合いが変わってくる感じがあって自分の頭の中で。それが何故なのかって言われたら正直自分でもわかんないんですけど。ホントに重要な音だと俺は思ってますね。

「ウェッ」とは、米津さんの強いこだわりから「Lemon」に挿入された音のようです。

インスピレーションで曲や歌詞が閃いて、その中にはどうしてもこの「ウェッ」という音が必要だったということなのでしょう。

その「ウェッ」という音があったからこそ「Lemon」が誕生できたんですから、なるべくしてなった結果ということですね。

「Lemon」の「ウェッ」についてファンの反応まとめ

米津さんの「Lemon」の「ウェッ」という音について、Twitterのファンの反応をまとめました。

ファンの方の中でも、大きく3タイプに別れるようです。

  1. 「ウェッ」の部分が好き
  2. 「ウェッ」が気になって笑ってしまう・真剣に聴けない
  3. 「ウェッ」がなければいい曲・無くしてほしい

この「ウェッ」については、思っていたよりも賛否両論あるようです。

筆者は効果音についてさほど気になりませんし、筆者自身は「ウェッ」が入ったままの「Lemon」が好きですね。

皆さんは、「ウェッ」についてどんな感想をお持ちでしょうか。

「Lemon」PVで米津玄師がハイヒールを履いている理由を考察!

「Lemon」のPV中には、米津さんがハイヒールを履いている場面があります。

男性である米津さんが、「Lemon」PV中でハイヒールを履いているのにはどのような理由があるのか調べ、考察しました。

米津さんがハイヒールを履いている理由には、以下の5つが挙げられると考えられます。

  1. 亡くなった恋人(女性)の形見がハイヒールだった
  2. レモンの花言葉の意味から
  3. ハイヒールは亡くなった女性の象徴
  4. レモンの「欠陥品」という意味から
  5. 2人だけの合図

その5つの理由について、詳しく解説します。

亡くなった恋人(女性)の形見がハイヒールだった

まず1つ目は、「亡くなった女性の形見がハイヒールだった」という説です。

色々なサイトやファンが考察している説の中で、一番多く挙げられているのがこの説でしょう。

「Lemon」PVの米津さんは、『亡くなった女性を想う男性』を演じていて、ハイヒールは亡くなった女性の形見。

亡くなった今もなお、女性を忘れないためにハイヒールを履いて歌っているのではないでしょうか。

「忘れ形見」という言葉には、『その人を忘れないように残しておく記念の品』の意味があります。

「Lemon」の歌詞にもある “あなた” を忘れないように、忘れ形見である「ハイヒール」を今でも大切にしているとも考えられますね。

レモンの花言葉の意味から

次の理由に、「レモン」の花言葉が関係している説です。

レモンの花言葉には「情熱」「熱意」「誠実な愛」「愛の忠誠」などの意味があります。

先ほどと同じく「ハイヒールが女性の形見である」という前提で、女性の形見のハイヒールを履くことで『今でもあなたを愛しています』という “愛の忠誠” を誓っているのではないでしょうか。

ハイヒールは亡くなった女性の象徴

次の理由は、「ハイヒールは亡くなった女性を象徴している」説です。

『ハイヒールは女性の履きもの=女性の象徴』という概念がありますよね。

PVで『亡くなった女性を想う男性』を演じる米津さんが、”女性と自分が離れてしまわないように” と意味を込めて履いているのではないでしょうか。

「Lemon」歌詞にある “切り分けた果実の片方の様に” 、恋人は自分の身体の一部であって、決して離れてはいけないという縛られた心を表現しているようにも思えますね。

レモンの「欠陥品」という意味から

次の理由に、「レモンの「欠陥品」という意味からきている」説があります。

「レモン」といえば、酸っぱい果物のイメージですが、英和辞典で「Lemon」を調べてみると「できそこない」「欠陥品」「不快なもの」というマイナスな意味も含んでいるのです。

『亡くなった女性を想う男性』を演じる米津さんが、恋人を失ったことで “欠陥品” となってしまった自分を表現するため、ハイヒールを履くことで普通ではない状態(不快なもの)を表現したのかもしれませんね。

ハイヒールは2人だけの合図

最後は「ハイヒールは2人にだけわかる合図」説です。

米津さんは、以前Twitterにこんなツイートをしていました。

米津さんらしい、ドラマのワンシーンを彷彿とさせる呟きですね。

人混みや視線の中でも、周りを気にすることなく指笛を吹き続ける姿から、亡くなった相手への想いの強さを感じます。

そしてこのツイートが、「Lemon」PVのハイヒールを履いている理由に関わっていると言う方がいました。

このツイートは
米津さんの夢の中の話。この夢をみた米津さんは、
死んでしまった人と指笛を吹いてた人との間に、ほかの人がわからなくてもいい、2人だけの合図のようなものがあるんだろうなぁだとおもった。それを映像に残したくて
LemonのMVでハイヒールを
履いたんだって。。

先ほどの米津さんのツイートは、実は夢の中の物語だったようです。

他の人にしかわからない、2人だけの特別な合図=『指笛』で、亡くなってしまった大切な人へメッセージを残していたのでしょうか。

「Lemon」PVでは、その『指笛』を『ハイヒール』へ変えて、「2人だけの合図を今でも忘れていない」という意志やメッセージを、ハイヒールを履くことによって亡くなった恋人へ伝えていたのでしょう。

“2人だけにしかわからないもの” という、ちょっとした秘め事があることで2人の絆の強さ、相手への想いを感じ取ることができますね。

米津玄師ラジオでハイヒールを履いてる理由を告白!

実は、米津さんは “「Lemon」PVでハイヒールを履いている理由” をラジオで告白しています。

ハイヒールを履いた理由について、米津さんが語っている部分を抜粋して紹介します。

米津:ハイヒールそのものという話よりかは、一つその…理由があって。

昔夢で見た光景っていうのがあって、そこはおそらくその…誰かの葬式の会場であって。
で…会場にはいろんな人たちがいてみんな喪服を着ていて、そんなかの1人に自分もいて。
で…いろんな列をね待ってたりとかしたんすけど、そんなかでとある人が、急にその指笛を吹き始めたんすね。

あの、ピーーつって。あの…ものすごく甲高い音で、指笛を吹き始めて、周りのみんなは戸惑うんすよ。
「え?何あの人ちょっと頭おかしいんじゃない?」みたいな。で…かたやその指差して笑われたりだとか、そういうことをその…ざわざわざわざわ…えー…囁かれつつもでもその人はずっとその指笛を吹いていて。
なぜその指笛を吹いていたのかとかは、だから…客観的に見たらわかんないことであって。

そういう光景を見た自分がどう思ったかっていうと、その…なんか亡くなってしまった人と、その人との間に、なんらかのその…合図のようなものがあって、合図というルールとか、でー…共通する何かみたいなものがあって、その2人ん中にしかわからない何かによって、その指笛を吹くっていう、行為が生まれたんだろうなぁと、自分でその夢を見て勝手に思って。
で、それはものすごく美しいことだなと思ったんですよね。

だから、亡くなってしまった人と、その自分との間の中にある、他の誰がわからなくてもいい。
その2人の中だけでわかるようなものが、そこにあればいい。

という、そういうニュアンスというか、そういう側面を「Lemon」の映像の中でもそれを落とし込みたいなぁと思ったので、ヒールを履くという結果となりました。

やはり、先ほどの考察にもあった「ハイヒールは2人だけの合図」説が正しかったようです。

米津さんともあれば、夢も普通の人とは違って世界観がしっかりと出来上がっていますね。

この夢を見なければ、米津さんがハイヒールを履く姿を見れなかったかもしれないと思うと、ファンとしてはありがたい夢だったのかもしれません。

「Lemon」PVのハイヒールは米津玄師の希望だった!

米津玄師さんのハイヒール姿ですが、実は米津さんたっての希望により実現したものなんだそうです。

2018年3月2日夜に、米津さん自身がTwitterでツイートしています。

米津さんの身長は188cmと長身ですし、細身でもあるためハイヒールも違和感なく履けてしまうのでしょう。

「Lemon」PVは逆再生?

ファンの間で、「Lemon」PVは「実は逆再生なのではないか?」という声が多く挙がっています。

本当に逆再生かどうか確認してみたい方は、ダンサーの女性の動きや、髪のなびき方などにもぜひ注目して、もう一度視聴してくださいね。

言われてみると、なんとなく逆再生の雰囲気を感じる部分があるかもしれません。

筆者はというと、他の方のツイートを見るまで気付かず…とにかく映像に驚いたり感動したり、米津さんのハイヒールに釘付けでした。

全体を俯瞰して見ると、確かに逆再生の雰囲気はあるのですが、なにせ「Lemon」のPVは見所が多すぎますよね。

PVで「Lemon」タイトルがラストにくることから、逆再生ではないかという声もみられました。

亡くなった方目線のPVとして、「逆さごと」を意識して逆再生を取り入れていると考察する方も。

「逆さごと」とは、葬儀に関係するものごと全てを通常の逆で行なうことを指します。

例えば、着物の重ねる順番は相手から見て右を下、左が上に重なるように着るのが正しい着用方法です。

ですが、亡くなった方の場合はその逆で左を下、右を上に着物を着せるそうです。

このように、亡くなった方への追悼の思いを込めて、「Lemon」のPVを逆再生(逆さごと)にした可能性があります。

そう考えると、「Lemon」はとても奥の深いPVですよね。

さらに、「Lemon」を通常再生すると『生きている人(男性)』目線のPVで、逆再生すれば『亡くなった人(女性)』目線のPVになるという声も。

これは感じ方の問題かもしれませんが、そのような演出を意識している可能性も十分ありますよね。

「Lemon(逆再生ver.)」のPVが気になる方は、実際にご自身で確認してみてください。

通常の「Lemon」PVが逆再生だと言われていますので、それを "逆再生" すると、普通に撮影されたものが見られるのではないでしょうか。

こうして見てみると、確かに逆再生ver.の方がダンスに歪さがなく、見ていてしっくりくるかもしれません。

皆さんは、どちらのPVが自然だと感じるでしょうか。

「Lemon」PVの映像監督は?

「Lemon」のMVの監督を務めたのは、山田智和(やまだともかず)さんです。

山田さんは主に映像作家・映画監督などをされている方です。

米津さんのMVだけでなく、ゆずやサカナクション、その他にもTVCMや企業広告の映像など、数々の作品を生み出しています。

「Lemon」MVの公開に際して、山田さんはこのようなコメントをしています。

自分にはどうしても映像で残しておきたいものがあります。
あっという間に消費し、忘れ去っていく中で、なんとか記憶を残したいのです。それが自分自身の思い出や、変わりゆく街への僕なりの表現に繋がっていることに、この楽曲に触れて改めて気付かされました。
現実を覆う光は複雑に重なり合って、見え難かったり、直視出来なかったりするのだけれど、今でも確かに輝く、綺麗な光が僕にも見える時があります。

引用元:https://natalie.mu/music/news/271258

特にMVの具体的な意味には触れておらず、どのような意図でMVを撮影されたのかは謎です。

ですが、このコメントを要約すると『大切な思い出さえも、時の流れとともにどんどんと記憶から忘れ去ってしまうのが人間である。でも、それでもなんとか忘れてしまわないように思い出を紡いでいきたい』という捉えることができそうですね。

山田さんの言う「忘れ去っていく中で、なんとか記憶を残したいのです。」と言うメッセージにあるように、心の中にある思い出を忘れないよう、映像にしたものが「Lemon」PVなのでしょう。

「Lemon」PVで踊っている女性は?

「Lemon」のMVで、不思議なダンスを踊っている女性は吉開菜央(よしがい なお)さんです。

テレビ等ではあまり見かけませんが、ダンサー兼振り付け師、映像作家などマルチに活躍されています。

吉開さんは、RADWIMPSの野田洋次郎さんが楽曲提供した曲のMV監督もされています。

吉開さんのダンスによって、「Lemon」の曲の切なさや、MVの世界観をより引き立たせているのは間違いありませんよね。

「Lemon」ダンサーは紅白歌合戦にも登場!

2018年の大晦日に放送された「NHK紅白歌合戦」。

そこで米津さんは、「Lemon」をテレビ初歌唱しました。

紅白で「Lemon」のダンサーを勤めたのは、吉開菜央さんではなく菅原小春(すがわらこはる)さんという女性ダンサーです。

「Lemon」の雰囲気をさらに引き立たせ、強烈なインパクトを残したダンスでしたが、一方で「怖い」「歌に集中できない」と賛否両論ありました。

詳しくはこちらの記事で紹介しています↓

【米津玄師 紅白】「Lemon」ダンサーは誰!?『怖い』と話題の菅原小春を解説, 世間の反応をまとめてみた

筆者も実際に放送を見ていましたが、急に現れたダンサーのインパクトに、思わず米津さんそっちのけで見てしまいました。

まとめ

いかがでしょうか。

今回は、「Lemon」の曲中に聞こえる謎の「ウェッ」の真相についてや、PVで米津さんが履いたハイヒールの意味や女性ダンサーの謎、さらに「Lemon」PV逆再生の真偽について徹底解説しました。

 

「Lemon」で聞こえてくる「ウェッ」の音は、実は人の声だったようですね。

ファンの方の中でも好き嫌いが大きく分かれる「ウェッ」という効果音ですが、筆者はとても「Lemon」の曲に馴染んでいて、個人的にはとても好きです。

さらに、PVのハイヒールの真相についても、ネットには様々な考察がありました。

筆者はその中でも「亡くなった恋人(女性)の形見だった」と「2人だけの合図」と言う説が有力ではないかと思っていますが、皆さんはどう感じましたか。

何度見ても謎が深まるばかりの「Lemon」PVですが、それこそが米津さんの魅力でもあるかもしれませんね。

 

これからも、米津さんの情報についてご紹介していきます。

【こちらの記事も読まれています】

【米津玄師おすすめ人気曲/歌 ランキング15選】聞いてほしい!隠れた名曲・大ヒット曲をファンが厳選しました

【米津玄師/ハチ】プロフィール全部まとめ!身長, 生い立ち, 本名, 年齢, 血液型, 家族, 経歴, 顔, ハチの由来について徹底解説!

米津玄師さんの曲を無料で聞くなら「music.jp」!

よねふぁん!の管理人「konnny(コニー)」です。

米津玄師さんの曲が無料で聴ける音楽配信サービスを紹介します。

色々な音楽配信サービスを調べた中で、筆者が1番おすすめしたいサービスは「music.jp」です。

  • 米津玄師さんの曲が全て揃っている
  • ・961円分の音楽ポイントが無料配布
  • ・今なら30日無料お試しキャンペーン中

「music.jp」なら、実質無料で米津玄師さんの音楽が聴けます。

詳しくは、「【米津玄師が無料で聴ける!】音楽配信サービス徹底比較! 安心して曲を聴く方法を調べてみた!」という記事にまとめています。

「米津玄師さんの曲を無料でおトクに聴きたい!」という方は、ぜひ参考にしてくださいね。

▼ 直接、無料登録する場合はこちらから ▼









関連記事



 

== 米津玄師の最新商品 ==

Flamingo / TEENAGE RIOT(フラミンゴ盤 初回限定)(DVD付)

Flamingo / TEENAGE RIOT(フラミンゴ盤 初回限定)(DVD付)

米津玄師
4,000円(06/20 01:48時点)
Amazonの情報を掲載しています
Flamingo / TEENAGE RIOT(ティーンエイジ盤 初回限定)

Flamingo / TEENAGE RIOT(ティーンエイジ盤 初回限定)

米津玄師
644円(06/20 01:48時点)
Amazonの情報を掲載しています
Flamingo / TEENAGE RIOT

Flamingo / TEENAGE RIOT

米津玄師
631円(06/20 01:48時点)
Amazonの情報を掲載しています

4 件のコメント

  • あのウェって音、2000年前後(20年ぐらい前)のポップミュージックによく取り入れられていた効果音(DJブームでターンテーブルでスクラッチ音を入れるアレ)に近い要素がありますね。
    流行りすぎたせいもあって、割とピンポイントな時代を思い出して古臭くてダサく感じます。

    あのウェっ以外にも、イヤホンで聞くと音源が全般的に古臭い。
    なんのソフトを使ってるのでしょうか?
    歌唱もソングライティングも申し分無いのに、アレンジが非常に勿体無い。

  • ハイヒールにはあんなに大きくて深く、美しい意味が込められていてlemonという歌にこんなにも心が引き込まれてしまう心が救われてしまう理由がちょっとだけ分かった気がする

  • 二人にしか通じない合図や言葉ってありますよね!すごく共感できます!
    きっと米津さんが夢で見た人は、コミニュケーションの一環としてお互い指笛を吹いてたのでしょう。
    LemonのMVではハイヒールが二人だけの合図ってことなので、いつもお互いにハイヒールを履いていたんでしょうね!
    男女でおそろいのハイヒールを履いてるカップルなんて変わってますね!(笑)

  • ウェっ にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です