【米津玄師/ハチ アルバムおすすめランキング4選】初心者が聴く順番はこれだ!おすすめ曲, 歌, ポイントも紹介します

アルバムおすすめ

今や、大人気シンガーソングライターとなった米津玄師(よねづ けんし)さん。

2018年の「紅白歌合戦」にも初出場し、「最近米津さんを知った」「他の曲をもっと知りたい!」という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はファン歴10年の筆者が “初心者にオススメしたい” 米津玄師さんのアルバムをランキング形式で紹介します。

筆者は全てのアルバムを購入し、実際に聴いている米津ファンですので、全て聴いた筆者だからこそ言えるポイントも解説しますよ。

この記事を読んで、米津さんの曲(歌)の遍歴を知ったり、アルバムを買う時の参考になれば嬉しいです。

【おすすめ記事はこちら】

米津玄師おすすめアルバムランキング!初心者はこれから聞いて!

それでは、筆者おすすめのアルバムをランキング形式で紹介します。

米津さんの魅力溢れる、ステキで素晴らしいアルバムばかりですので、ぜひ1度は聴いてほしいですね。

※あくまでも、筆者が決定したランキングであることをご了承ください

1位「BOOTLEG(ブートレグ)」

筆者の米津玄師おすすめアルバム第1位は、「BOOTLEG(ブートレグ)」です。

「BOOTLEG」は2017年11月に発売され、現在発売されている中では最新アルバムです。

全国のCDショップ店員が投票で選ぶ『第10回CDショップ大賞2018』の大賞にも選ばれているアルバムですよ。

なぜ筆者が最新アルバムを1位に選んだのか、そのポイントが以下です。

  1. アニメ主題歌など、認知度の高い曲が多数収録
  2. メロディや曲調が親しみやすく、聴きやすい曲が多い

それぞれ詳しく解説します。

アニメ主題歌など、認知度の高い曲が多数収録

「BOOTLEG」にはアニメ主題歌など、比較的馴染みある曲が収録されています。

「ピースサイン」はアニメ『僕らのヒーローアカデミア』。

「打上花火」は映画『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』の主題歌です。

特に「打上花火」は2018年の紅白歌合戦で歌われていた曲ですので、知っている方も多いのではないでしょうか。

「あ、これ聴いたことある!」という曲がアルバムに入っていると安心感があるし、なんだか嬉しいですよね。

メロディが親しみやすく、聴きやすい曲が多い

「BOOTLEG」にはメロディが親しみやすく、初心者さんにも聴きやすい曲が多数です。

特に筆者がオススメしたい曲が「春雷(しゅんらい)」と「飛燕(ひえん)」。

「春雷」は男性視点のラブソングで、一目惚れの恋を “春の嵐” に例えて歌っています。爽やかな疾走感があり、筆者お気に入りの1曲です。

もう1曲の「飛燕」は、ジブリ好きの米津さんが『風の谷のナウシカ』をイメージして作ったものです。

「飛燕」の意味は『飛んでいるツバメのこと』。確かに空を飛んでいるような疾走感があります。

筆者は2番サビを歌った後に、クラップハンドと一緒に「ラーラララ」と歌う箇所がとても好きです。

「飛燕」には公式PVはないので、ぜひアルバムを買って聴いてほしい曲ですね。

アルバム「BOOTLEG(ブートレグ)」の購入はこちらから↓

BOOTLEG

BOOTLEG

米津 玄師
2,779円(12/06 18:51時点)
Amazonの情報を掲載しています

「BOOTLEG」の収録曲は以下です。

  1. 飛燕
  2. LOSER
  3. ピースサイン
  4. 砂の惑星( + 初音ミク )
  5. orion
  6. かいじゅうのマーチ
  7. Moonlight
  8. 春雷
  9. fogbound( + 池田エライザ )
  10. ナンバーナイン
  11. 爱丽丝
  12. Nighthawks
  13. 打上花火
  14. 灰色と青( + 菅田将暉 )

アルバム「BOOTLEG(ブートレグ)」の購入はこちらから↓

BOOTLEG

BOOTLEG

米津 玄師
2,779円(12/06 18:51時点)
Amazonの情報を掲載しています

2位「YANKEE(ヤンキー)」

筆者の米津玄師おすすめアルバム第2位は、「YANKEE(ヤンキー)」です。

「YANKEE」は2014年4月に発売された、米津さんのセカンドアルバムです。ジャケットのイラストデザインは、米津さん本人が行っています。

iTunesが毎年発表する『BEST OF 2014 今年のベスト』では、ベストアルバム賞にも選ばれているアルバムですよ。

米津さんのアルバムの中では1番最初に買ったもので、筆者思い出のアルバムでもあります。

なぜ筆者が「YANKEE」を2位に選んだのか、そのポイントが以下です。

  1. ボーカロイドP(ハチ)時代と米津玄師の音楽いいとこ取り
  2. 軽快なメロディが多く聴いていて楽しい

それぞれ解説します。

ハチ時代と米津玄師の音楽いいとこ取り

米津さんには、ボーカロイドP(ハチ)時代メジャーデビュー後(本名)時代があります。

「YANKEE」はその “2つの時代のいいとこ取りアルバム” と言えます。

ボーカロイドPの頃は、トリッキーなメロディや歌詞が多いのが特徴でした。“スルメ曲(噛めば噛むほど味が出てくる)”とも呼ばれていて、ハマればクセになる方も多いです。

メジャーデビュー後はそれが少し柔らかくなり、万人受けしやすいメロディに移り変わっている印象です。悪い意味ではなく、良い意味で優しく聴きやすい音楽になっています。

「YANKEE」は、その米津さんの2つの時代がちょうど混ざり合ったアルバムです。

トリッキーな米津さんも、柔らかくなった米津さんも聴ける、筆者オススメのアルバムですね。

軽快なメロディが多く聴いていて楽しい

「YANKEE」はアップテンポなメロディが多いため、最後まで飽きずに楽しめるアルバムです。

やはり最初に米津さんを聴くのであれば、いきなりバラードからではなくアップテンポな曲から聴くのをオススメします。

筆者のオススメは「ドーナツホール」と「メランコリーキッチン」。

「ドーナツホール」は元々ボーカロイド(初音ミク)用に作られた曲ですが、「YANKEE」には米津さん本人のカバーバージョンが収録されています。

軽快なメロディとは裏腹に、いなくなってしまった “あなた” を想う痛々しい歌詞が印象的です。

歌詞にある「バイバイもう永遠に会えないね」とは、死別を意味しているのでしょうか…ぜひ歌詞にも注目して聴いてみてください。

「メランコリーキッチン」は、こちらもポップなサウンドと歌詞の言葉遊びが楽しい曲です。サビの途中に入る「ウーウウウウウウ」は思わず一緒に口ずさんでしまいますね。

「メランコリーキッチン」は公式PVがないので、ぜひアルバムを買って聴いてほしいです。

アルバム「YANKEE(ヤンキー)」の購入はこちらから↓

YANKEE (通常盤)

YANKEE (通常盤)

米津玄師
2,500円(12/06 18:56時点)
Amazonの情報を掲載しています

「YANKEE」の収録曲は以下です。

  1. リビングデッド・ユース
  2. MAD HEAD LOVE
  3. WOODEN DOLL
  4. アイネクライネ
  5. メランコリーキッチン
  6. サンタマリア(ALBUM VER.)
  7. 花に嵐
  8. 海と山椒魚
  9. しとど晴天大迷惑
  10. 眼福
  11. ホラ吹き猫野郎
  12. TOXIC BOY
  13. 百鬼夜行
  14. KARMA CITY
  15. ドーナツホール(COVER)

アルバム「YANKEE(ヤンキー)」の購入はこちらから↓

YANKEE (通常盤)

YANKEE (通常盤)

米津玄師
2,500円(12/06 18:56時点)
Amazonの情報を掲載しています

3位「Bremen(ブレーメン)」

筆者の米津玄師おすすめアルバム第3位は、「Bremen(ブレーメン)」です。


「YANKEE」は2015年10月に発売された、米津さんの3枚目のアルバムです。

緑色のジャケット中心にハートが描かれており、こちらも米津さんがデザインしています。アルバムのタイトル「Bremen」は、グリム童話「ブレーメンの音楽隊」に由来しているそうですよ。

なぜ筆者が「Bremen」を3位に選んだのか、そのポイントが以下です。

  1. 元気になれる優しい曲が多数、気持ちが穏やかに
  2. バラード好きにはたまらない1枚

それぞれ解説します。

元気になれる優しい曲が多数、気持ちが穏やかに

「Bremen」は全体的に、優しいメロディやバラード曲の多いアルバムです。

眠る前に聴いているとウトウトしてしまうような…リラックスして聴ける曲が多く収録されています。睡眠導入にオススメなのは「Flowerwall」あたりでしょうか。

筆者はこの曲を聴いていると眠くなってきます…柔らかいメロディを使った優しい音楽ですよね。

不協和音を使ったり、アップテンポで奇抜な歌詞も書く米津さんですが、バラードも素敵なのでぜひ聴いて欲しいです。

「Flowerwall」は、以前カメラのCM曲に使われていました。米津さんの音楽がテレビから流れてきたあの衝撃は、今でもよく覚えています。

米津さんのCM曲について、詳しくはこちら↓

バラード好きにはたまらない1枚

「Bremen」は何度も言っている通り、優しいバラード音楽が多めです。

そのため「バラードが大好きで、いっぱい聴きたい!」という方には、たまらない1枚だと言えるでしょう。

その中でも筆者のオススメは「メトロノーム」と「Blue Jasmine(ブルージャスミン)」。

「メトロノーム」は別れの曲で、2人の関係性を “メトロノーム” に例えています。どんどんズレが大きくなるのに、それを止められないのがなんとも切ないですよね。

切ない歌詞なのに、どこかあたたかくなるメロディ。さらにPVの世界観が非常にマッチしています。

このPVイラストも米津さんが描いているんですよ。

次の「Blue Jasmine」は、愚直なほど素直なラブソングで、ドラムの軽快なメロディに思わず足踏みしたくなります。

これほど人を愛せるってとても素敵ですね。異性に歌われるとキュンとしてしまうかもしれません。

ぜひ歌詞を見ながら聴いて欲しい1曲です。

「Blue Jasmine」は公式PVがないので、ぜひアルバムを買って聴いてくださいね。

アルバム「Bremen(ブレーメン)」の購入はこちらから↓

Bremen(通常盤)アマゾンオリジナル特典(ステッカー)なし

Bremen(通常盤)アマゾンオリジナル特典(ステッカー)なし

米津玄師
2,900円(12/06 19:47時点)
Amazonの情報を掲載しています

「Bremen」の収録曲は以下です。

  1. アンビリーバーズ
  2. フローライト
  3. 再上映
  4. Flowerwall
  5. あたしはゆうれい
  6. ウィルオウィスプ
  7. Undercover
  8. Neon Sign
  9. メトロノーム
  10. 雨の街路に夜光蟲
  11. シンデレラグレイ
  12. ミラージュソング
  13. ホープランド
  14. Blue Jasmine

アルバム「Bremen(ブレーメン)」の購入はこちらから↓

Bremen(通常盤)アマゾンオリジナル特典(ステッカー)なし

Bremen(通常盤)アマゾンオリジナル特典(ステッカー)なし

米津玄師
2,900円(12/06 19:47時点)
Amazonの情報を掲載しています

4位「diorama(ジオラマ)」

筆者の米津玄師おすすめアルバム第4位は、「diorama(ジオラマ)」です。

「diorama」は2012年5月に発売された、米津さんのデビュー後初のアルバムです。

ナマズの上に街が建っているデザインが斬新ですよね。このはデザインは江戸時代ナマズ絵を踏襲(とうしゅう:それまでのやり方を受け継いで、その通りにやること)したものなんだそうです。

この頃の米津さんは21歳。この年齢ですでに才能をしっかり発揮していたことに驚きを隠せませんね。

なぜ筆者が「diorama」を4位に選んだのか、そのポイントが以下です。

  1. トリッキーな曲が多めで、ハマればクセになる
  2. 米津玄師の原点

それぞれ解説します。

トリッキーな曲が多めで、ハマればクセになる

「diorama」は、かなり奇抜な音楽が多いです。聴く人によっては聴き心地が悪い、と感じる方もいるかもしれません。

良い意味で普通の音楽から突出した “トリッキー” な曲が多く、筆者はこのクセの強さにどハマりした側の人間です。

突然曲の途中で演奏が止まったり、不協和音のようなメロディをあえて使っていたり。「Black Sheep(ブラックシープ)」あたりは、かなり不安定な音を使っている曲だと思います。

「diorama」にハマる方は、きっと米津さんのボーカロイド曲も好きになるはずです。ぜひこの世界観にハマって、米津玄師の音楽を楽しんでいただきたいですね。

米津玄師の原点

何と言っても「diorama」は、米津玄師さんの原点アルバムです。良い意味で若く、デビューして間もないフレッシュな音楽を聴くことができます。

ボーカロイドP時代の音楽と「diorama」の曲は、やはり雰囲気が似ています。 “米津玄師らしさ” がそのまま現れていると言えば良いのでしょうか…

中でも筆者のオススメ曲は、「ゴーゴー幽霊船」と「あめふり婦人」。

「ゴーゴー幽霊船」を一度聴くと、もう頭から離れないような中毒性を感じます。初めて聴いた時の筆者がそうでした。

不協和音のような音をうまく使って、歌詞の言葉遊びも楽しい1曲です。思わず口ずさんでしまいませんか。

今でもファンから圧倒的人気のある曲で、ライブで流れると大歓声が上がります。ライブならではの音程アレンジが最高なんですよ。

「あめふり婦人」は、こちらもテンポの速いロック調の曲です。筆者がロック好きなのがバレバレの選曲ですね。

この曲はAメロ・Bメロあたりは抑えめで、一気にサビで盛り上がるのが楽しい1曲です。

米津さんの大好きな、不安定な音をサビにふんだんに使っているのがたまらないです。半音好きには最高かもしれません。筆者がそうなので。

「あめふり婦人」は公式PVがないので、ぜひアルバムを買って聴いてほしいです。

アルバム「diorama(ジオラマ)」の購入はこちらから↓

diorama

diorama

米津玄師
2,468円(12/06 19:47時点)
Amazonの情報を掲載しています

「diorama」の収録曲は以下です。

  1. ゴーゴー幽霊船
  2. 駄菓子屋商売
  3. caribou
  4. あめふり婦人
  5. ディスコバルーン
  6. vivi
  7. トイパトリオット
  8. 恋と病熱
  9. Black Sheep
  10. 乾涸びたバスひとつ
  11. 首なし閑古鳥
  12. 心像放映
  13. 抄本

アルバム「diorama(ジオラマ)」の購入はこちらから↓

diorama

diorama

米津玄師
2,468円(12/06 19:47時点)
Amazonの情報を掲載しています

これを聞けば米津玄師マスター!ボカロP時代のアルバム紹介

実は米津玄師さん名義のアルバム以外に、ボーカロイドP時代のアルバムが2枚あります。

次は番外編として、米津さんがインディーズ時代に発売したアルバム「OFFICIAL ORANGE」「花束と水葬」を紹介します。

「米津さんが歌っていないなら別に…」「ボーカロイドが好きじゃない」という方もいると思いますが、米津さんのボーカロイド全盛期の音楽を一度聴いて欲しいです。

「OFFICIAL ORANGE(オフィシャルオレンジ)」

「OFFICIAL ORANGE」は2010年11月に発売された、ボーカロイド時代2枚目のアルバムです。

デビュー前の作品のため、歌っているのは初音ミク(ボーカロイド)です。米津さんは最後の「遊園市街」のみ歌っています。

筆者のおすすめ曲は「結ンデ開イテ羅刹ト骸」と「ワンダーランドと羊の歌」です。

「結ンデ開イテ羅刹(らせつ)ト骸(むくろ)」は、当時の米津さんには珍しい和風テイストの曲です。

どこか狂気じみていて、聴いていると底知れぬ不安感が漂ってきますね。

実はこのPV、米津さんが全てマウスで描いたものです。マウスで絵を描くことの難しさを考えると、相当な時間と根気が必要だったでしょう…

ぜひマウス画PVにも注目して聴いてみてくださいね。

次に紹介する「ワンダーランドと羊の歌」は、夏のお祭りをイメージして作られた曲です。

この曲を聴くと、なんだか懐かしい気分になって涙が出そうになります。初音ミクの弾むような「レイニイデイ」の歌い方が可愛らしくて、筆者のとても好きなポイントです。

PVは米津さんではなく、アニメーション動画の作成を手がける『南方研究所』が制作しています。

アルバム「OFFICIAL ORANGE(オフィシャル オレンジ)」の購入はこちらから↓

OFFICIAL ORANGE

OFFICIAL ORANGE

ハチ, 米津玄師
1,856円(12/06 19:33時点)
Amazonの情報を掲載しています

「OFFICIAL ORANGE」の収録曲は以下です。

  1. パンダヒーロー
  2. 演劇テレプシコーラ
  3. リンネ
  4. 神様と林檎飴
  5. 結ンデ開イテ羅刹ト骸
  6. 沙上の夢喰い少女
  7. 病棟305号室
  8. 眩暈電話
  9. マトリョシカ
  10. 白痴
  11. ワンダーランドと羊の歌
  12. 遊園市街

アルバム「OFFICIAL ORANGE(オフィシャル オレンジ)」の購入はこちらから↓

OFFICIAL ORANGE

OFFICIAL ORANGE

ハチ, 米津玄師
1,856円(12/06 19:33時点)
Amazonの情報を掲載しています

「花束と水葬」

「花束と水葬」は2010年2月に発売された、米津さんが生まれて初めてリリースしたアルバムです。

こちらも「OFFICIAL ORANGE」同様、歌っているのは初音ミク(ボーカロイド)です。今回米津さんが歌っている曲はありません。

筆者のおすすめ曲は「WORLD’S END UMBRELLA」と「Mrs.Pumpkinの滑稽な夢」です。

「WORLD’S END UMBRELLA(ワールズエンド アンブレラ)」は傘がテーマの曲です。「疾走感」と「均衡」をイメージして作られた通り、爽やかな疾走感を感じさせます。

実は「WORLD’S END UMBRELLA」、米津さんが以前ニコニコ動画に投稿した「THE WORLD END UMBRELLA」のリテイク動画なんです。

その「THE WORLD END UMBRELLA」がこちら。

サビや全体的な雰囲気は同じですが、少し聴いただけで違う曲なのが分かります。なんとなくファミコン感というか…曲のイントロや所々に “電子音” を感じますね。

こちらのPVも米津さんが全てマウスで描いたものです。

文字のデザインが斬新で、「結ンデ開イテ羅刹ト骸」同様にダークな雰囲気漂うPVですね。

次に紹介する「Mrs.Pumpkinの滑稽な夢」は、パンプキンという言葉のイメージ通りハロウィンを意識して作られた曲です。

怪しげな雰囲気の中に、どこかワクワクするようなメロディが中毒になってしまいますね。

PVに登場するオレンジ髪の初音ミクは当時おらず、米津さんの思い切ったデザインにも注目されました。曲のタイトルから「ミセス・パンプキン」と呼ばれているようです。

ぜひ「ミセス・パンプキン」の登場する、妖しげな世界観の音楽を体感してみてくださいね。

アルバム「花束と水葬」の購入はこちらから↓

花束と水葬

花束と水葬

ハチ, 米津玄師
1,856円(12/06 20:27時点)
Amazonの情報を掲載しています

「花束と水葬」の収録曲は以下です。

  1. Persona Alice
  2. WORLD’S END UMBRELLA
  3. Mrs.Pumpkinの滑稽な夢
  4. バウムクーヘン
  5. clock lock works
  6. Ghost Mansion
  7. Qualia
  8. 恋人のランジェ
  9. 花束と水葬

アルバム「花束と水葬」の購入はこちらから↓

花束と水葬

花束と水葬

ハチ, 米津玄師
1,856円(12/06 20:27時点)
Amazonの情報を掲載しています

まとめ:どれも良いアルバム!全部聴いて欲しい

いかがでしょうか。

今回は “初心者にオススメしたい” 米津玄師さんのアルバムを、ランキング形式にして紹介しました。

最後に、アルバムについて要約するとこんなイメージです。

  • BOOTLEG → 有名曲多数で満足度の高いアルバム。曲の爽快感が良い
  • YANKEE → 米津玄師のいいとこ取り。迷ったらこれ買って!
  • Bremen → 元気になれる優しい曲多数。バラード好きには嬉しい1枚
  • diorama → ハチ時代のクセが強く出てるアルバム。米津玄師の原点
  • OFFICIAL ORANGE →
  • 花束と水葬 →

それぞれのアルバムに良さがあるので、一概に「絶対これがいい!」とは断言できません。あくまでもアルバム選びの参考として見てくださいね。

アルバム紹介と共に何曲かおすすめをピックアップしましたが、選ぶのも非常に時間をかけて悩みました。

本当にオススメしたい曲ばかりですので、ぜひ米津さんの音楽を楽しんでくださいね。この記事がアルバム購入の参考になれば、筆者はとても嬉しいです。

これからも、米津玄師さんの情報を紹介していきます。

BOOTLEG

BOOTLEG

米津 玄師
2,779円(12/06 18:51時点)
Amazonの情報を掲載しています
YANKEE (通常盤)

YANKEE (通常盤)

米津玄師
2,500円(12/06 18:56時点)
Amazonの情報を掲載しています
Bremen(通常盤)アマゾンオリジナル特典(ステッカー)なし

Bremen(通常盤)アマゾンオリジナル特典(ステッカー)なし

米津玄師
2,900円(12/06 19:47時点)
Amazonの情報を掲載しています
diorama

diorama

米津玄師
2,468円(12/06 19:47時点)
Amazonの情報を掲載しています

【おすすめ記事】

米津玄師さんの曲を無料で聞くなら「music.jp」!

よねふぁん!の管理人「konnny(コニー)」です。

米津玄師さんの曲が無料で聴ける音楽配信サービスを紹介します。

色々な音楽配信サービスを調べた中で、筆者が1番おすすめしたいサービスは「music.jp」です。

  • 米津玄師さんの曲が全て揃っている
  • ・600円分の音楽ポイントが無料配布
  • ・今なら30日無料お試しキャンペーン中

「music.jp」なら、実質無料で米津玄師さんの音楽が聴けます。

詳しくは、「【米津玄師が無料で聴ける!】音楽配信サービス徹底比較! 安心して曲を聴く方法を調べてみた!」という記事にまとめています。

「米津玄師さんの曲を無料でおトクに聴きたい!」という方は、ぜひ参考にしてくださいね。

▼ 直接、無料登録する場合はこちらから ▼









関連記事



 

== 米津玄師の最新商品 ==

【メーカー特典あり】 馬と鹿 (通常盤) (内容未定特典付)

【メーカー特典あり】 馬と鹿 (通常盤) (内容未定特典付)

米津玄師
1,100円(12/06 17:02時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です